★ 文集表紙

毎年この時期になると、真ん中の子どもの保育園の文集作りが始まります。ママさんたちが協力して作成するのですが、私はいつも表紙を担当しています。
毎年気楽な気持ちで始めるのですが、結局いつも凝ってしまいます。今回は、窓を開けると子供達の全体写真が見れるようにしようとの案があり、試行錯誤の結果、プレゼントBOXの窓となりました!
黄色いリボン(色画用紙・2重にして強度を強く)の取っ手を下に開くと写真が見えるように。
最近思うのですが、イラストにおいて「生きている」ものと、「生きているんだけど生きていない」ものがあるように思います。
人物がイキイキとしている…という感じでしょうか?(どんな表情・シチュエーションでも)
私の過去のイラストにも、両方あるなぁと思うのです。
それは結局線によって変わってくるのですが、今更ながらクロッキーって大事だなぁと思います。それから描く時の心の入れ方。(当たり前の事ですが)
今回は特にそこを意識して描きました。
英語がかなり自信ないんだけど…
この画像はセンガBOX・コドモBOXに入れておきます。